【塩分の取りすぎが起こす影響】 | 札幌北24条ケア整骨院

CARE SEIKOTSUIN GROUP

KITA
24JO

011-214-9800

ブログBLOG

Blog List

ブログ

【塩分の取りすぎが起こす影響】

こんにちは!
北24条ケア整骨院です☺

先日、冬の水分不足についてご紹介いたしました。
今回は水分不足をさらに加速させる塩分の摂りすぎについて
お話させて頂きます。

世界基準の目標塩分摂取量は1日5g。
それにたいして日本人の平均摂取量は1日約10g。
大幅にオーバーしてしまっています!

牛丼並盛に含まれる塩分量は平均3g。
ラーメン1杯に含まれる塩分量は平均6g。
ここからわかるように外食ばかりでは
どうしても塩分過多に陥りやすくなってしまいます。

塩分を取ると体の中では水分も一緒に吸収する為、
高血圧やむくみといった症状が起こります。

また、塩分を取りすぎると腸の動きが
鈍くなり便秘になりやすくなります。

食べ過ぎているわけでもないのに太りやすいという方は
塩分を控えてみると、余分な水分が排出しやすくなるので
身体もすっと軽くなります(^^)

年齢を重ねてから、後悔しないためにも
いまから塩分を控えて健康を維持しましょう!

治療の際には、ぜひ実績経験豊富な札幌市北区の整骨院「北24条ケア整骨院」にお任せください。

(1) 日曜診療可能!
(2) 平日夜10時まで!
(3) 予約可能!

☆ささいなご相談でも、まずはお問い合せください。
011-214-9800

☆住所
〒001-0024
札幌市北区北24条西4丁目1-2 ビル三友1F

 

 

ブログ一覧へ >

BRANCH CLINICグループ一覧

official facebook