花粉症対策2 | 札幌北24条ケア整骨院

CARE SEIKOTSUIN GROUP

KITA
24JO

011-214-9800

ブログBLOG

Blog List

ブログ

花粉症対策2

こんにちは!北24条ケア整骨院です!!
4月が始まりましたがまだ北海道は寒いですね(*_*)
 
本日も花粉症対策についてお話しますね!!
前回は
・花粉症の季節はドア・窓はしっかりと閉めておく
・花粉の飛散が多い日の外出は極力避ける
についてお話ししましたが本日はまた違った対策をご紹介いたします。
 
1、自宅・室内でできる花粉症予防と対策
・部屋の掃除をこまめにする
花粉の季節には部屋の掃除をこまめにすることも大切です。『花粉の飛散量が多い季節には窓やドアを絶対開けないから大丈夫』という方も中にはいますが、基本的には仕事、学校、買い物などで外に一歩出れば知らず知らずのうちに花粉を持ち帰ってしまうことが多いです。
 
そのため、花粉症の方もそうでない方も基本は1日1回の掃除をしっかりと施しておくのが大切ともいえます。花粉シーズンの掃除のコツですが、この時もやはり基本的には窓やドアは締め切った状態で行うのがベスト。
 
またじゅうたんやたたみなどはフローリングと違って花粉が付着しやすいため、特に念入りに綺麗にしておきましょう。花粉と同時にアレルギーの原因にもなるダニも除去することができるため、ダニアレルギー対策にもなります。
 
また掃除を行うことでホコリや花粉も舞い上がりやすい状況になるため目、鼻、口を保護する目的でマスクや花粉症予防用のメガネを装着することも忘れないようにしておきましょう。加湿器がある家庭なら掃除を始める前に、あらかじめ室内気温を上げておいて花粉などが舞い上がりにくい環境を整えておくのもおすすめです。
 
2、外出時にできる花粉症予防と対策
・花粉の侵入を許さないように完全防備で外出する
花粉シーズンに外出すると1時間で数万個の花粉が衣服に付着するといわれています。特に花粉の付着が激しいのがウールセーターで約7万個~9万個、綿シャツで約2万個~3万個ということで、これらの共通点は静電気を帯びやすい衣服ということです。
 
このことから花粉シーズンには毛の付いた衣服や静電気が発生しやすい素材の着用は避けるのが最もベストということになります。具体的にはポリエステル、ナイロン、ビニール、レザーといった表面がツルツルとした素材を着用するのがおすすめです。
 
これらの素材を着用すれば花粉の付着を全て防げるというわけではありませんが、毛の付いた静電気が発生しやすい衣服と比較すると付着量は大幅に軽減することが可能となります。素材選びに加えて静電気の発生を防ぐ、静電気防止スプレーを外出する前に墳霧するなどの対策も花粉の付着を少しでも抑えるには効果的です。
 
また衣服に花粉が付着するということは髪、目、鼻、口も花粉の危険に常にさらされていることになります。そのため衣服だけではなく髪を守る帽子、目を守るサングラスや花粉症予防用のメガネ、鼻と口をしっかりとガードできる大きめのマスクも必須です。髪が長い方だと帽子でカバーすることが難しくなるため、外出時は髪を束ねるのも忘れないようにしましょう。
 
室内と外とでは対策が変わってくるので感負傷をできるだけ抑えれるように頑張っていきましょう!!!

治療の際には、ぜひ実績経験豊富な札幌市北区の整骨院「北24条ケア整骨院」にお任せください。

(1) 日曜診療可能!
(2) 平日夜10時まで!
(3) 予約可能!

☆ささいなご相談でも、まずはお問い合せください。
011-214-9800

☆住所
〒001-0024
札幌市北区北24条西4丁目1-2 ビル三友1F

ブログ一覧へ >

BRANCH CLINICグループ一覧

official facebook